HOME > 引受基準緩和型の特徴

【ハードルが低く設定されている引受基準緩和型医療保険とは】

引受基準緩和型医療保険とは一般的な保険よりも保険を引き受けてもらえるハードルが低く設定されている保険のことを指します。
しかし、ハードルが低くなっている分だけ保険料は一般的な保険よりも割高で「1.6倍~2倍」となる場合があります。
それでも、ガンなど深刻な病気を患った時の治療費などを考えると加入が勧められています!
引受基準緩和型医療保険では、保険会社に告知する項目が一般的な保険よりも少なく4項目程度に絞られています(^u^)
illust2_05_w190.jpg
その内容は「3ヶ月以内に医者から入院を勧められた」や、「過去2年以内に所定の病気等で入院したことがあるか」などで過去に病気になっていても入ることが可能ですが、契約から1年以内は保障額が抑えられているケースが多いです。
このように引受基準緩和型医療保険は一般的な保険よりも間口が広く設定されていますが、保険料も割高なのです_(._.)_
もし、あなたが持病や手術の経験があっても医療保険への加入を考えていている場合には、最初に一般の保険への申込みを行ってみて、それでも駄目だった場合に引受基準緩和型医療保険への申込みを行ってほしいと思います!