119973.jpg

[引受基準緩和型保険の保障]

illust2_01_w190.jpg
引き受け緩和型の保険とは持病があっても入れる保険のことです。
自分が知っている中で一番加入しやすのではないかと思うのは共済の告知緩和型ではないかと思います。

続きはこちらLinkIcon

[共済の引受基準緩和型]

illust2_02_w190.jpg
テレビCMなどで「持病があっても加入できる保険」の広告をよく耳にします。ほとんどが海外資本の保険会社の商品ですが、共済にも引受基準緩和型の医療保険はあるのです。

続きはこちらLinkIcon

[引受基準緩和型の注意点]

illust2_04_w190.jpg
テレビCMでよく耳にする、持病がある方も入れる保険、それが「引受基準緩和型医療保険」です。ではこの保険は、どんな持病があっても入れるのでしょうか?多くの保険会社の「引受基準緩和型医療保険」の健康告知は、3つ程度の簡単な質問に答える形式をとっています。

続きはこちらLinkIcon

[引受基準緩和型の特徴]

illust2_05_w190.jpg
引受基準緩和型医療保険とは一般的な保険よりも保険を引き受けてもらえるハードルが低く設定されている保険のことを指します。しかし、ハードルが低くなっている分だけ保険料は一般的な保険よりも割高で「1.6倍~2倍」となる場合があります。

続きはこちらLinkIcon

illust2_03_w190.jpg
持病があるですとか、一度医療保険がおりているような方ですと、医療保険契約の際の審査が厳しくなり一般のものでは入りにくくなります。そこで(保険料が高くなっても)引受基準緩和型医療保険に契約しようと考えられる方はいらっしゃると思います。

続きはこちらLinkIcon

☆引受基準緩和型保険をご検討の方へ☆

引受基準緩和型保険の検討をされている方は、保険マンモスでファイナンシャルプランナーに無料相談を事前にしましょう。
医療保険の中でも審査が優しい、引受基準緩和型は健康状態に自身のない方にとっては魅力的な保険かもしれませんが。
もしも可能であれば、通常の医療保険へ加入を目指した方が保障内容も考えても安心ができると思います。
人気の見直し相談所の保険マンモスでは、面談時に自分の健康状態で加入できる医療保険の種類などを担当のFPがシュミレーションしてくれるのでとても安心です。
病気や怪我で入院をした時に支えてくれる医療保険なので、本当に適した保障で保険に加入するようにしましょう!